スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花

雨浴びてさらに色増す紫陽花は青き頭を重く垂れたり

アジサイの花を見ると、いつも思い出す大好きな詩が、三好達治の「乳母車」という詩である。


    母よー
    淡くかなしきもののふるなり
    紫陽花いろのもののふるなり
    はてしなき並樹のかげを
    そうそうと風のふくなり

    時はたそがれ
    母よ 私の乳母車を押せ
       ・・・・・・・・・・・・・
                         三好達治「乳母車」      詩集「測量船」より

 この詩の中に、ふっているものは・・・・秋風にまう木の葉か・・・・雪か?
 いずれにしても、六月の風景ではなさそうである。
 それでも、この「紫陽花色の」という言葉の美しさは・・・どうであろうか。
 だから、私は、かまわずに六月の紫陽花に降る雨を見ると、
 淡くかなしきもののふるなり・・・と、思うのである。

 三好達治の詩には、高校二年のときに教科書で出会った。
 その詩は、「甃のうへ」・・・・それ以来のファンである。

   あじさい5        三好2
       垣根沿いに咲くアジサイ                                  三好達治詩集

 アジサイは、挿し木で簡単に増やせるので、庭の隅にどんどん増やしている。
  しかし、もとは3本である。
      空色の、「紫陽花」という字が最も似合う、大きな球の花。
     繊細な感じのガクアジサイ。「万葉集」にある味狭藍(あじさい)はこの種類らしい。
    退職記念にある人がくれたバラ色のアジサイ・・・アジサイは日本のバラ?

 植えた場所によって、花の色は微妙に変化する。
 雨の似合うこの花は・・・やはり青い色がいい。
 青でこそ、アジサイは美しい「紫陽花」となる・・・ように思う。


ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。