スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 ヨーグルト

毎朝、自家製の ヨーグルトが、おいしい。

カスピ海ヨーグルトのタネをまた新しくいただいて、もう4ヶ月はなるだろうか。

前回の失敗を活かし ・・・ 今回は、実にうまくいっている。

まず、季節がよくなった。暖かくなり、温度管理がしやすくなった。

少しずつ、気温が上がるにつれて、滑らかなヨーグルトができるようになった。

3つの瓶に分けて、作っては冷蔵庫に入れて保管するようにしている。

そうすると、必ずひとつは冷蔵庫に ・・・ 食べごろの状態であることになる。

食べた端から、牛乳を加えて、きらさないようにしている。

 

       続よーぐる1.JPG           続よーぐる2.JPG

       発酵中のヨーグルトの瓶             手製の杏ジャムを乗せて 

 

近頃は、作り立ての杏ジャムを加えて、朝食の定番のひとつ。

家族も、お気に入りのヘルシー食品である。

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

野菜の花

突然の雷雨に目覚む真夜中に君は小さきトマトを案ず

 茄子、トマト、西瓜、南瓜 ・・・・・ 7月の畑はにぎやかである。

 プランターで育てたトマトが真っ赤に色づいた、と思った矢先、烏からつつかれた。

 だいぶ前から家には、はぐれ烏が住み着いていて、畑をねらっている。

 西瓜も第1号は、見事にやられた。烏につつかれた実は、無惨な姿である。

 食べるなら、もっときれいに食べてしまえよ 、 だが ・・・・ 食べ散らしていくのである。

 

         なす1.JPG       きゅうり2.JPG

               茄子の花                                 胡瓜の花

 当然のことながら、実がなる前には花が咲く。

 実をつけるために咲く花は、どれも控え目である。

 しっかりとした蕊を持ち、きっと責任感が強いのである。

           茄子の花詩は真実にかへりけり

 誰の句だったか忘れたが ・・・・・・ なるほど  ・・・ そうだ、と思う

ブログを書くならBlogWrite

漬物

泥つきの薄皮とりてラッキョウの辛き香りに身は漬かりゆく

6月は毎年、いろいろなものを、ひたすら・・・「漬ける」。
まず、梅酒を漬ける。今年は、梅ブランデーにした。
みずみずしい青梅は、まさに翡翠色。保存瓶に3つ作った。
それから、リンゴ酢で・・・梅サワーも。

梅の実の黄熟を待って、梅干し・梅味噌を漬ける。
梅干し歴は、まだ4年である。
昨年の梅干しは、とてもよい仕上がりでおいしかったが、2月で底をついた。
今年は、昨年の2倍、10キロを漬けた。そろそろ、赤紫蘇を入れなくては・・・。

< 梅ブランデー > と < 梅干し>
梅酒1 梅酒4

<あんず酒・あんずジャム> と <ラッキョウの甘酢漬け>
梅酒2 梅酒3

今年は、杏の木がたくさん小さな実をつけた。
3キロも収穫したので、1キロで杏酒を、残りをジャムにした。

最後に、ラッキョウ。
夫のついでに頼んだら、何を間違えたのか、7キロものラッキョウを買って来たのである。
泥つきが4キロ、砂丘ものが3キロ。
おかげで朝から夜中まで、私はラッキョウの始末に追われた。
薄皮をとると、ラッキョウは白いつやつやした輝きになる。
結局、甘酢漬け4キロと酒粕漬け1キロができた。
置場所がなくて、とりあえず座敷の座卓の上を保存瓶が占領している。

ブログを書くならBlogWrite
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。