スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「岩崎彌太郎

「岩崎彌太郎」 ー 「会社」の創造 ー         伊井直行 作  

 

大河ドラマ「龍馬伝」のおかげで、2010年は空前の龍馬ブームとなった。

ドラマの中で、語り手であり、坂本龍馬の引き立て役となっているのが、

   同じ土佐出身の、岩崎彌太郎である。

どう見ても・・・実像とは違うようで・・・

    岩崎彌太郎とは、どんな人物だったのか?

 

         岩崎弥太郎-小.jpg

 

この本を読んで、彌太郎の「虚構のイメージ」と「実像」が少し理解できた。

龍馬と彌太郎の出会いは、1867年、33歳と34歳とある。

子どもの頃からの顔見知りというのは、創作である。

岩崎彌太郎は、坂本龍馬 あるいは 渋沢栄一と比較して論じられ、

    その結果、政商として、悪役キャラクターとされることが多い。

この本では・・・・・・

    「資本主義」と出会い、「会社」という仕組みの中で、

       個人の力を発揮させる術を知っていた人

            ・・・そのように、岩崎彌太郎が検証されていく。

 

龍馬とは違うが、彌太郎もまた、時代を翔ける悍馬であったことは、間違いがない。 

 

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

長門路の旅

わたつみの碧き広がり真二つに白く伸びゆく角島大橋

 

父母とともに行く旅・・・姉夫婦と私たち夫婦と同行6人である。

無理をさせないように、近場の一泊にした。

一日目、下関インターから川棚温泉に行き、「たかせ新館」で昼食。

   瓦そば と 鰻めし が旨かった。

 

      GEDC0328.JPG  

 

191号線をドライヴして、角島大橋を渡る。

事前に、「四日間の奇蹟」という角島を舞台にした映画を観て行った。

     角島は、18歳の頃マンドリンクラブでキャンプに来たことがある。

     当時は、特牛港から船で島に渡った。

映画のロケの名残りである、礼拝堂が見えた。

 

      GEDC0359.JPG

 

下関市って、なんて広いんだ!

191号を進みながら、どこまでも下関市が続く・・・と思ったが、

やっと、長門市となり・・・3時に、ホテル「楊貴館」にチェック・イン。

油谷湾を見下ろす8階の部屋からの眺めは、すばらしい。

  貸し切りの家族風呂で、父の入浴は男どもにまかせる。

  私と姉は、母を連れて展望浴場のほうへ・・・。

  夕食も、新鮮な海の幸で・・一杯、一杯、また一杯。

風呂も食事も満足したが、問題点は、ベッドルームからトイレが遠かったことと、

部屋に段差が多くて、高齢者向きではなかったことだ。

 

     GEDC0444.JPG  

 

二日目、三隅の 香月泰男美術館へ。

    シベリア・シリーズが見たかったが、それは、ここにはなかった。

    あるのは、山口県立美術館らしい。

 

    GEDC0445.JPG 

 

北長門 海鮮村」というところで、おみやげを買い、村田清風記念館に行く。

 316号を通って、美祢インターへ。

 

9月2日~3日、夏の旅は疲れ過ぎないかと心配したが、元気に帰って来た。

くたびれたけど、たまにはいい・・・と、93歳も言っている。

 

ブログを書くならBlogWrite

エコカーテン

ベランダの日除けのゴーヤはごつごつの頭でゆらり夏を引き留む

八月は、さっさと行ってしまったが・・・暑さは、まだ続きそう。

この夏は、猛暑とも 酷暑とも・・・観測史上最高だそうである。

わが家も、一昨年からエコカーテンを考え、東・南・西の三方を覆っている。

朝顔や 琉球アサガオ を植えたが、今年は ゴーヤを植えている。

    朝顔は・・・美しくて、朝の時間が楽しみであった。

    琉球アサガオは・・・ハート型の葉がしっかりと日差しをガードする。

    ゴーヤは・・・実ができて、食卓を助ける。

    東側の 白いゴーヤ              西側の 緑色のゴーヤ

CIMG4437.JPG   CIMG4438.JPG

        南側の 琉球アサガオ

  CIMG4439.JPG

ゴーヤは、スライスしてから さっと湯通しして、花かつおと三杯酢がいい。

ビールとの相性もいいし、豆腐と共に食すと・・・さらに、よい。。

最後に、ゴーヤの何よりの美点は ・・・ 虫をよせつけないこと、である。

   朝顔にも、琉球アサガオにも、必ず、虫がくる。

   保護色に守られ・・・気がつくと、8㎝ほどもある蛾か蝶の幼虫がいる。

   窓に接しているのだから、こんなにゾッとすることはない。

しかし、ゴーヤに虫を見つけたことは、まだない。

すごいぞ! ゴーヤ・パワー! ・・・花の美しさはないが、来年は全部ゴーヤでよい。

ブログを書くならBlogWrite

フラワー 2010年春夏

押し花の内に留まるくれないの春去りてなお移ろわぬまま

 

              押し花の額

  IMG_0409.JPG  

      

            リース  

   IMG_4921.JPG 

 

       プリザーブドフラワーのボックス

IMG_5059.JPG

 

 

ブログを書くならBlogWrite

ビーズ作品  2010春夏

誰が為というわけもなくビーズ織りて人に与えてみたき心地す

    

   今回は、「織り」ではないものを いくつか作ってみた。

 

       ネックレス                      ネックレス

IMG_5060.JPG  IMG_5061.JPG 

       チョーカー                      ペンダント

IMG_5063.JPG  IMG_5062.JPG

 

       チョーカー                      リング

IMG_5064.JPG  IMG_5065.JPG

 

 

 

ブログを書くならBlogWrite
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。