スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉

残るもの燃やしつくして色のなき世界に入らむ もみじのにしき

庭の紅葉が、見事だ。

7本あるカエデの木の、6本はイロハカエデである。

日当たりの差か、それぞれに紅葉の時期も色づき方も違って、おもしろい。

 北側の木は、全体が黄色に染まり、ゆっくりと赤くなっていく。

落葉も、一番遅いようだ。

 

IMG_5957.JPG  IMG_5962.JPG

 

玄関の正面にある1本だけが、違う種類である。

高雄」という種類らしく、これが一番先に色づいてくる。

この種類は、イロハモミジよりも葉が少し大きく、落ち葉の姿がよいのだ。

落ちてなお縮れることなく、石畳に散り敷くもみじ葉は美しい。 

IMG_5974.JPG  IMG_5954.JPG

それにしても、最近の暖かさ・・・いや、暑さはどうしたことだろう。

今日で11月も終わりだが、まるで10月上旬の気候である。

晩秋の景が似合うには、秋らしい寒さも必要である。

    林間に酒を温めて紅葉を焼く     白居易

 ・・・・・ こんな酒が、おいしくなるような寒さが・・・。

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

安芸の宮島

厳島の回廊海に浮かぶとき滅びし人の夢の大きさ

紅葉が見頃ではないかと、安芸の宮島を訪れた。

11月20日(日)  新幹線各駅停車「こだま」にて、広島へ。

   昼食は駅ビルで、広島風お好み焼き を食べることにする。

    「麗ちゃん」という店には長い行列ができていたが、空いている店に入る。

     夫はうどん入り、私は、そば入りを食べる。

   駅から、徒歩で名勝「縮景園」へ。 

     途中、折り鶴の少女「佐々木禎子」のいた幟町小学校の前を通りすぎる。

      園内では、吟詠の会が催されていて、朗々と声が響いていた。

      「縮景園」と言えばは、原民喜の「夏の花」。中には、慰霊碑もある。

      縮景園の作庭者は、広島藩浅野家の家老、茶人でもある上田宗箇

      ちょうど、家庭画報の12月号では上田宗箇を特集している。

       

GEDC0197.JPG P1000003.JPG

 

広島美術館へと歩く。

   円形の4つの展示室には、ロマン派からエコール・ド・パリまでのヨーロッパ絵画のコレクションが展示してある。

   特別展示は、藤島武二・岡田三郎 展であった。

 

平和記念公園へと歩く。

   広島平和記念資料館。実は、ここを実際に訪れたのは初めてである。

   館内を巡るうちに、その破壊と惨状を示す展示物に、言葉を失う。

   この「人間のあやまち」を見よ、と時計や衣服が語ってくる。

   原爆ドームのそばを流れる、元安川沿いの道を歩いて、ホテルへ。

   平和大橋からすぐの、「ホテルサンルート広島」に宿泊。

   暗くなると、平和大通りは、見事なイルミネーションの演出。

 

 P1000007.JPG  P1000014.JPG

 

11月21日(月)

世界遺産 厳島神社 

  宮島口からJRフェリーで厳島神社に向かう。広島駅から、直通の切符が買える。

  JRのフェリーは、厳島神社のシンボルである大鳥居の前を、通ってくれる。

  海の方から、弥山を背景にした、朱塗りの大鳥居寝殿造りの社殿が見える。

 

  桟橋から歩く途中 「藤い屋」という店で、焼きたての「もみじ饅頭」を食べる。

  抹茶付きが550円・・・美味しくて感じのよい茶房で、オススメである。

 

  鹿が遊んでいる。 引き潮で、鳥居のそばには、人がたくさん。

  回廊を通って、お参りをする。

  海の中に発つ神殿、平清盛という男、その一族の運命・・・ すべて浪漫 ・・・。

 

  紅葉谷公園を散策、今から紅葉が始まったところのようだ。

  歩きながら食べた 穴子ちくわ と ネギタコちくわ も、おいしかった。

  

GEDC0210.JPG GEDC0239.JPG

 GEDC0215.JPG 

 急きょ、呉市へ。

    予定してなかったのに、呉の大和ミュージアムへ行くことになる。

    日本海軍の拠点・・あの戦艦大和を造った海軍工廠があった場所である。

    

    宮島口から、JRの各駅停車の電車に乗って・・・

    「あれが、江田島かな?」  「あれは、牡蠣の養殖じゃない?」 などと・・・

    ・・・広島湾の海を見ながら1時間40分。

 

    これでは、帰りの新幹線に間に合わない!

    かくして、大和ミュージアムの中を駆け抜けて、また来た道を電車で・・・。

 

  GEDC0248.JPG  GEDC0254.JPG 

 

広島駅で、土産のもみじ饅頭を買って、新幹線「こだま」に無事乗車。

 

広島は今、牡蠣のシーズンらしく、焼き牡蠣をあちこちで見た。

牡蠣は大好物だったが、3回も続けて食あたりにあって以来、自重している。

学生時代、広島の友人の帰省の土産に、生牡蠣をもらい皆で酢牡蠣にして食べた。

私には初めての味だったので、そのときの美味しさは忘れられない。

なんとも残念な体質になったものである。

 

ブログを書くならBlogWrite
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。