スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆく夏を惜しむ

 

 八月の最後の一日惜しみつつ 夕暮れて聞くひぐらしの声

 

格別に暑い夏だったが、 その夏もゆく。

この夏に何をしたのか、オリンピックで寝不足くらいしか、思い出せない。

 

     GEDC0265.JPG 

 

今年は、子供の頃以来、47年ぶりに盆踊りを踊った。

地域の役員が回ってくると、参加することになっているから・・・。

20代の頃の紺地の浴衣を出して、帯は作り帯の大人っぽいものを買った。

花笠で顔を隠し、白足袋で足元を締めて・・・初盆の家を踊って回る。

この村に伝わる盆踊り唄は二曲・・・「雨霰」と「吉岡」という。

あとは、この一帯に多い「思案橋」と、おなじみの「炭坑節」、子供向きに「ドラえもん音頭」。

途中で雨にもあったが、なんとか役目を果たした。

 

今年の夏は、猛暑、豪雨 ・・・どうも日本的というより、アジア的な夏の様相であった。

そのせいでもないが、庭が大変なことになってしまった。

夏草が一面に占拠して、敷石も埋もれ、踏み分けて歩くのも難しい。

どうしようかと、気持ちも萎えている・・・9月になったら、働こう・・・。

 

 GEDC0268.JPG  GEDC0270.JPG

 

草の間に、白いユリの花が自生している。

自然に種を落として咲くのだが、涼しさをくれる花である。

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。