スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーズ織り

   虹色のビーズを通し瑠璃色のビーズを刺して薔薇模様織る

  ビーズは、古代人も身につけていた。
  奈良の都では、平城宮の官営工房で鋳造ビーズが大量に生産されていたそうである。

 ビーズ織りは、ビーズの織りなす色と形と光の芸術と言われている。
 北アメリカのインディアンに伝わるビーズ織りの技術に、
 ベネチア人の色ガラスのビーズ製造の技術が出合って、今のビーズ織りは広まった。
 20世紀初頭のアールデコの時代は、その黄金時代となった。

 ビーズ織りの美しさに魅せられて、一昨年、初めて織り機を手にした。

 ビーズ織り作品のいくつか  

      ベルト                     イヤリングとピアス  
                            (社交ダンス好きの友人のリクエスト) 
      BERUTO1.jpg    IYARINNGU2.jpg
 

       コサージュ                    チョーカーとイヤリング
      KOSAJYU.jpg      IYARINNGU.jpg
    
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。