スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリアフリー旅行 2010秋

有田~嬉野~ハウステンボスの旅  

 

11月28日(日)    10:30   自宅をマイカー2台で出発。 

     93歳の父母 ・姉夫婦・ 私たち夫婦の、同行6名。

  長崎自動車道を走り、途中の基山SAで トイレ休憩。

      高速道路は、障害者用のトイレが完備しているので、安心。

      日曜の高速料金割引のおかげで、混んでいた。

 西九州自動車道 波佐見有田ICから、有田ポーセリングパークへ。

 

 

   GEDC0046.JPG

 

 

パーク内で、車椅子を借り、昼食は和食処 旬鮮酒房「蔵」

   本物そっくりのツヴィンガー宮殿の中を見学。

 

宿泊は、嬉野温泉 湯宿「清流」

  ホテルの移動は、車椅子を借り、

  夜は、父を家族風呂。朝は、他の客が終わったころ大浴場へ。

 食事も、地産の野菜や佐賀牛・豆乳鍋など、高齢者には嬉しい。

朝はぶらりと、隣の「大正屋」の湯に浸かりに、ゆかたで行く。

 

    GEDC0053.JPG

 

11月29日(月)  正午、ゆっくりと宿を出発。 ハウステンボスへ。

   嬉野からは、自動車道を行くと佐世保までは速かった。

ハウステンボスの入り口で、車椅子2台を借りる。

カナルクルーザーに乗って、運河をホテルヨーロッパまで。  

 

ホテルヨーロッパ内の デ・アドミラルで、優雅にランチ。

ハウステンボスの風景を楽しみながら、ゆっくりと出口まで。

 

 GEDC0124.JPG

 

途中、それぞれの家に記念のバラの苗を買う。

 「ヘンリー・フォンダ」と名のついた黄色のバラである。

自動車道へと、帰路に着く。

途中、金立SAでトイレ休憩。 暗くなったので、そこで解散。

父と母を乗せて、無事帰宅。

 

運がよかったこと・・・工事中で渋滞が続いていた筑紫野~太宰府間が

     この日から3車線に回復、渋滞にあわずに帰って来られたこと。

 

金立での中の父のつぶやき ・・・

  「戦時中の演習で、福岡から金立まで銃剣を抱えて徒歩で歩いたときは、大変だった・・・。」

 

 

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。