スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ

2011年7月に見た DVD 2作

    DVDの旧作を、百円でレンタル。暑い日は、これに限る。

「グラン・トリノ」   クリント・イーストウッド監督・主演

  かつて自動車産業で栄えた町に住む、元フォード社の社員だった男。

  町には、アメリカ人が少なくなり・・・彼の息子は、日本車のセールスをしている。

  その男ウォルトと、アジア系移民の子タオの物語。

 

  Image1-25.jpg

 見終わって、深く考えさせられる・・・味わい深い作品。 オススメである。

 70歳を超えたイーストウッドのこだわり・・・アメリカの誇りや罪や病根・・・

 彼の最期が、悲しくて・・・見る者も、こだわりたくなるのである。

 

   GEDC0041.JPG 

 

グラン・トリノとは、男の所有するフォード製72年型の愛車のこと。

きっと、これが古き良きアメリカの象徴なのだろうが・・・、

それを相続すしたのは、彼の家族でなくモン族の移民の子・・・ウーン、ここがね!

 

「剱岳 点の記」

   新田次郎 原作。

  テレビでも上映済みだが、何度見ても山岳の映像が気持ち良い。

  特に、夏場に見ると涼しくなってよいのでは・・・。

 

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。