スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のバラフェア

秋の日のバラ園に花の香は満ちて 小便小僧も心地よげなり

 

10月26日に、久留米石橋文化センターに、秋のバラを見に行った。

秋の日差しの中、美術館前の噴水を取り囲むように、バラは満開。

約330品種、2500株が植えられているそうである。

広い庭園を巡ると、奥のほうのバラは、」まだ今からのようであった。

 

GEDC0537.JPG GEDC0539.JPG

 

昼食は、庭園内の、カフェ&ギャラリーショップ「楽水亭」にて、「秋のバラ御膳」。

1050円で、バラのシャーベットのデザート、コーヒーまでついている。

ただし、数が限定されていて、12時前5分に入った私たちで終了だった。

もちろん、ほかのメニューもあるけれど・・・。

 

GEDC0527.JPG GEDC0532.JPG

 

石橋美術館は、「もっと知る美術展」というコレクション展示をやっていた。

青木繁の「海の幸」「わたつみのいろこの宮」・坂本繁二郎「放牧三馬」・黒田清輝「針仕事」・岸田劉生など・・・日本近代美術の名作ばかり・・・

石橋コレクションのほとんどが展示され、見応えがある。

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。