スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森山良子コンサート

デビュー45周年記念 

    森山良子&九州交響楽団  シンフォニックコンサート 

12月7日(水)  福岡アクロス

  団塊世代の歌姫 森山良子の歌声を聴こうと、夫と出かけた。

 コンサート中の撮影はできないので、アクロスのクリスマスツリーと開演前の会場の写真である。

3日前にチケットを買ったので、3F席しか手に入らなかった。

 

  P1000002.JPG   P1000003.JPG

 

会場は、さすがに同世代と思われる人々で埋まっていた。

第1部の幕開けは、デビュー曲「この広い野原いっぱい」で・・・。

新アルバム「すべてが歌になっていった」 からも、3曲。

Ale Ale Ale」 という曲など・・・なんでも「あれ」と言って話をする私達にピッタリ。

まさに、「すべてが歌になっていった」」ことを、実感!

 

どの歌もすばらしかったが、やはりギターで歌った「さとうきび畑」は感動的だった。

オーケストラをバックにした華やかな歌の続いた後に・・・しーんとして、

急にオキナワの風が、ざわわざわわと吹いてきた。

この歌は、きっと彼女の原点でありライフワークなのだろう。

 

次は、「あなたが好きで」 というてTVドラマ「夫婦」の主題歌。

夫が、大好きな歌である。これを聞くと、胸がいっぱいになるそうである。

 

               Image1-27.jpg

45周年コンサートは、思い描いていたような懐かしい歌は少なかったが、

同世代の歌手、森山良子の進化を見たようで・・・力づけられた。

彼女は、過去にとどまってはいなかった。

ギターを持って歌っていた若きフォーク歌手は、なんと力強いトップシンガーになったことだろう。

私たちの45年間を考えながら・・・嬉しい味わいを胸に帰途についた。

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。