スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きよしこ

「きよしこ」    重松清 作    新潮文庫

読んでいて・・・温かく、なつかしい気持ちになれる。

もうちょっと、いっしょにいたいような気分である。

舞台は、岡山県・・・なのだろうか?

白石きよしという、吃音の少年の・・・転校の多い少年の・・・成長と、自立の物語。

 

たまたま、これを読みかけていた時、

朝日新聞の「いま子どもたちは」に、「強敵キッツオー」が載り・・・

   ・・・吃音の自分と向き合う、ヒカル君のことを知った。

作者の前書きの・・・

 「まだ会ったことのない誰かのそばに置いてもらえることを願って、お話を書く

・・・の誰かと、ヒカル君が重なり ・・・

そして私も・・・この本を自分のそばに置いておきたいと思った。

    GEDC0019.JPG 

私は、父母の病院の待ち時間に、本を読むことが多いのだが・・・、

  これは、文庫本を読むときにかけるカバーの、すぐれもの。

  閉じると、真ん中のチョウの形の部分が、ページに挟まれて栞となる。

文庫と、新書用である。 (東急ハンズで、買ってきた)

    GEDC0018.JPG

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。