スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月七日

 七草 と 厄払いの日  ・・・・・・  正月七日の伝統行事

七草粥と七草汁 七草

       明日よりは春菜摘まむと標めし野に昨日も今日も雪は降りつつ  
                                       山部赤人 万葉集より
      
        <明日からそこで春菜を摘もうと心づもりをしていた野原に、
          昨日も今日も雪が降り続いている。>



私は、いまだに七草(七種)を摘み揃える自信がない。
   「春の七草、言いきるね?」と、毎年きまって父は言った。
   そして、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、春の七草」と暗誦した。

 七草のゆで汁は、七草湯に。
 朝、まな板の上で「なずな打ち」がある。
      「唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に七草はやして、トコトントコトン・・・」
  正月のブリの余ったのと、豆腐の入った七草汁が伝統なのだが、いつしか七草粥にかわった。

 夜は、鬼払いの豆まきをした。
   父が、神棚にあげた豆の枡に、パンパンと柏手を打つ。
   女たちは、七輪の炎の上で杉の葉を燻し、うちわを持って、白い煙を部屋中にあおる。
   父の大きな声が、闇の中に響く。
       「ふくはーうち、ふくはーうち、おにはーっそと!
           豆が、パラパラパラパラ・・・・。
   女たちは、顔を赤い火に照らされて、
      「アー、くさくさくさくさ!
           うちわで、パタパタパタパタ・・・。

   「ふくはーうち、ふくはーうち、おにはーっそと!
         パラパラパラパラ
   「アー、くさくさくさくさ!
         パタパタパタパタ
        ・・・・・・子供の私は、暗闇を這って豆を拾う。

   明かりがつくと、年の数だけ豆を食べる。
   厄年の者は、豆と1円玉を入れてひねったものを、辻に捨てに行く。
       厄を捨てるのだ。
   帰りは、決して後ろを振り返ってはいけない。
       厄がついてくる。一目散に帰る。

 なぜ、7日にこんなことをやっていたのだろう?
 私は、ほかに7日に豆まきをするという家を知らない。
 今は、節分の日に、買ってきた豆を庭に向かってまくだけになった、
 
 七草にしても、何か「7」という数字にこめられた意味があるのではないだろうか?

 いずれにしても、7日までが松の内。
 昔の我が家では、この日にお鏡開きもしたし、注連飾りなどの正月のお飾りもすべてを取り外し、お正月はおしまいになっていたのだ。
 



   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。