スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 三月の陽光浴びて淡紅の杏の花が春を告げをり

  3月になって、杏の花が咲いた。
  ・・・アンズ、杏、杏子・・・。
  紅梅に、よく似た花。
      あんずよ
      花着け
      地ぞ早やに輝やけ
      あんずよ花着け
      あんずよ燃えよ      室生犀星「小景異情」より
 

   あんず1     あんず3

  「旧約聖書」の林檎は、アンズだった、と聞いたときはビックリした。
  手を伸ばすのに、林檎の実と杏の実では、誘惑度があまりに違うから。
  ちなみに、杏の果実は、家では果実酒にすることにしている。

  「アンズの花が咲くと、農夫が畑にとびだす」と言われるらしい。
  庭にも畑にも、仕事が待っているが、外には出たくない。
  花粉症と黄砂と光化学スモッグ・・・。
  嗚呼、春の空気さえ美しければ、どんなにか春の心はのどけからまし。

↓応援のクリックをお願いします

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。