スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D映画 「アバター」

画像21

 

話題の3D映画を、観に行った。

「アバター」の上映が今日まで、というので観ておかねばと思ったのだ。

 

「アバター」は、とてもファンタジックで、おもしろかった。

森の精霊や空に浮いた島が出てきたり、どこか宮崎駿の「もののけ姫」や「ラピュタ」を思わせるものがあった。

 

3Dの映像は、さすがに奥行きがあって、臨場感がある。

CGや、特殊メイクを駆使した映像が、3Dでよりリアルにされる。

 

しかし、かつて博覧会で初めて3Dを観た時ほどの、驚きはなかった。

あの時は、映像が自分とぶつかりそうで、さかんに頭を動かしたものだ。

眼鏡をかけるのも、どうも落ち着かない。

結局、3D映画や3Dテレビよりも、3Dゲームが一番流行りそうな気がする。

 

あまりに、ハイテクで作り出される映像を見ていると、

逆に、実物そのものに迫って撮られた本物の映像が恋しくなる。

やっぱり、CGには本物の持つ迫力はないなあ・・・!

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。