スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り味噌

 

味噌を踏む女の足の温もりの記憶もともに瓶に塾せり

 

私は、手作り味噌5年生である。

  毎年、春と秋の2回、瓶いっぱいに味噌を仕込んでおく。

  それで、我が家の1年の味噌は、ほぼ足りている。

 

手作りと言っても、ゼロからではない。

味噌屋さんが、仕込み用に大豆の煮つぶしや麹などを必要なものを準備してくれ、

    それを利用して作るだけである。

材料をたらいに混ぜて、しっかり足で踏んで、固めて、瓶に仕込むだけであるが、

    けっこう体力がいる。

3~4ヶ月くらい熟成を待っていれば、おいしい味噌が出来上がる。

 

買ったものよりは、味もよく、価格も安くつくのだ。

 

   昨秋作った味噌・・・残りわずか。       最近、仕込み終えた味噌瓶

GEDC0359.JPG  GEDC0361.JPG

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。