スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアム・ウェディング

祭壇の向こう遙かに一本の水平線見ゆグアムのチャペルは 

 

6月19日~22日 三泊四日でグアム島に 行ってきた。

長男の結婚式に参列するためである。

 

長男と花嫁の家族は成田から、私と夫と次男は福岡から、

コンチネンタル航空で、それぞれグアムへと向かった。

 

20日に、ブルー・アステールにて挙式。

クリスタルガラスのようなチャペルの正面は、珊瑚礁の海・・・太平洋である。

いちめんブルーの光の中を、真っ白なウェディングドレスの美しい花嫁が歩み、

  白いタキシード姿の長男が迎える。    

神父様の言葉に、  ”Yes I do.”   と、二人が答える。

   家族と親しい友達だけの、祝福と感謝に満ちた式であった。

 式後はお祝いのパーティー・・・まことに二人らしい和やかなものであった。

 

子の結婚式は、親にとっても大きな人生の区切りであると、思う。

 これからは、ふたりで歩めよ・・・ほんとうに、結婚おめでとう

       ・・・祝福に、言葉はいらない・・・

   ・・・静かに心の中で 祝福の鐘を、ふたりのために鳴らしていよう・・・。

 

  GEDC0006.JPG GEDC0079.JPG

    ブルー・アステール正面の海       グアムの花 ブーゲンビリア

 

  GEDC0105.JPG GEDC0133.JPG 

  ロブスターがおいしかった(60$)   ココナッツジュース売り(恋人岬にて)

 

グアム島は、太平洋戦争の激戦の地であるが、今は美しいリゾート地。

たくさんの日本人が訪れ、若いカップルの姿も多く見かける。

・・・ 戦後65年の平和に、ひたすら感謝したい。

       私達も、私の息子達も  

・・・ 戦争を知らない二世代こそ、わが国の誇れるものではないだろうか。

 

 

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。